文旦の砂糖漬け

こんにちはぶんタンです。

’文旦の砂糖漬け’で、検索される方が多いようですので、
(一番多かったのは
とれたてみったんでしたが^^;)
人様のサイトを頼って、記述しておきますね。

ザボン(ざぼん)/文旦(ぶんたん)
さまざまなレシピの紹介がなされています^^

その他、こんな方法もあるようです。
とさぶんたん って何? Q&Aページ下方より抜粋)

 .沺璽泪譟璽鼻 
  表皮の黄色のところから厚さ5ミリくらいになるように白い部分を
そぎ取る。細かくきざむ。
 アク抜きをよくするため、3%の食塩水に1時間つける。その後
一晩水にさらす。(途中二回くらい水代える。) 
 新しい水に入れてで火にかける。沸騰したらそのお湯を捨て、水を
入れて柔らかくなるまで煮る。
 (よく煮てアクぬきを完全にする。)材料を計量するして、ひたひたの
水を加え、材料に60〜100% 位までの砂糖を2〜3回に分けて
加える。焦げ付かないよいに根気よく混ぜながら、水気がなくなる
迄煮たら出来上がり。瓶などに入れて保存してください。
 
∈重漬け
 土佐文旦を洗って乾燥させた後皮をむきます。果皮の白い部分を
使うので、表面を薄くはがします。
 少し黄色い部分が残る位にすると、くずれぬくいです。たっぷりの
水で煮立ててアクをとり、煮立ったらザルにあげる。これを2、3回
繰り返す。 その後一晩水にさらす。(何度か水を換え苦みをとる)
お好みに応じて水にさらす時間を加減してください。
 水分を含んだ皮を両手で包むようにして力を入れて水分を押し出す。
材料を計量し、果皮の重さと同量の砂糖を加え(水はひたひた程度)
て煮込む。やや水分が残る程度で火を止めて、紙の上に広げて
乾かす。少し乾くとグラニュー糖をまぶして出来上がり。保存は
冷蔵庫に入れてください。

あと、上司の母上手書きメモも発見しました。でも読めませんTT
上司に解読してもらいましたが、自信が無いと言われました。
以下、上司の解読文です。

1.本体を4〜6つに切り、表皮を剥ぐ。
それを、5〜7ミリのくし型に切り分ける。
(・・・くし? 5ミリ厚くらいの扇形?)
2.ひたひたの水に入れて茹でる。
2〜3回、水を変えて、あく抜きをする。
(しまった、ゆで時間を聞きそびれた(^^;)
3.砂糖を入れて煮る。
(ここは、きっちり聞きました。ミカン1個に付き
200グラムくらいが目安だそうです。ただし、
普段は目分量なので、正確さには自信が
もてないとか(^^;)
4.ネットに入れて干す。水分が少しあるくらいで
取り込み、グラニュー糖をまぶし、
再び干す。
(・・・多分あってると思う)


その他。

ぶんたんたん
リキュールとかあるんですね。おいしそう・・・

文旦(ぶんたん)の湯

へぇぇ〜。入浴剤もあるんだ!


(^^)ノ

文旦(ぶんタン)市場

関連する記事
コメント
文旦の検索でこちらに来ました。
切り方は、櫛形であっていますよ。
櫛切りとも言いますが、扇形に切るという調理法はあまり聞きません。
因みに、大根や人参を大きいまま縦半分に切り、それを薄く(0.5〜1.0mmの厚さ)切った形で、時代劇の町人の娘のお団子頭の前に刺されている櫛の形に似ているでしょ?
文旦の皮は櫛切りにはちょっと表現はきついですが(^^;)
私も今年は頑張って作ろう。砂糖漬け
  • makk
  • 2009/03/22 7:18 PM
makk様、いらっしゃいませ^^

くし型であってるんですね。

ご教示、ありがとうございます。

上司に伝えておきますね^^

(^^)/
  • ぶんタン
  • 2009/03/22 8:39 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:173 最後に更新した日:2017/11/14

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM